一目惚れホルモン

女性の脳を飽きさせないためには、快感ドーパミンを出させるように女性の心に快く響く言葉をかけて、また相手の言葉を受け止める態度を見せ続けなければならないわけです。そうでないと冷めてしまうのです。そしてすぐまた新しい相手と恋ができるというわけですね。冷めやすいからこそ冷めてしまった恋愛をもとに戻すことは難しいのです。冷める前に、お互いが一緒にいなければいけない理由、この人といると楽しい、心を共有できるという状態を男は維持しなければならないのですね。依存し合う関係を作らなければいけないのです。永遠に続く恋愛は脳科学から見れば存在しないし、存在しないほうが人類にはメリットがあるとも言われるわけです。一度好きになった相手しか一生好きになれないとすれば、どちらかが亡くなってしまえば、もう子孫は残せないことになってしまうわけですから。だから恋愛は期限付きという仕組みになっているのですね。好きになった瞬間に、脳には大きな変化が起きるのです。エチルアミンという脳内ホルモンが、人を好きになったときに濃度が上がってくるのです。これはいわゆる一目惚れホルモンとも考えられているのですね。

Posted in 強力な欲求 | No Comments »

Leave a Reply